スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッキ作成論@アズラエル

もうね、デッキ構築論の記事は最初に書いた奴が勝ちってわかったよ。

僕のデッキ構築論はまず勝ちたい相手(デッキのこと)を見定めてそれには高い確率で勝てる動きができるデッキをいつも考えていきます。

例えば盤面を作ってコンボを決めるようなロックデッキに勝ちたいと思ったとき、盤面をリセットするゲームセットを使うことができる海水浴ゲムセならいけるんじゃないかといった具合です。

基本的なデッキの戦法の段階で有利をつけておくことで相手の対応策が後手になるのでこちらもその対策がしやすくなります。

ここでは自分がGP3rdで使った海水浴ゲムセを例にしてより詳しくデッキの構築を説明していきたいと思います。

EX0
ゲームセット3

EX1
ロビン1
紗音4
アンゼリカ2

EX2
雲外鏡4
七海伊予4
永見裕子4
神楽坂京子3
双海詩音4
櫻守姫比芽3
菅原里美4
カリーナベルリッティ1
ポジティブワン3
ナナカマド3
海水浴4
遠坂凛2

鈴緒4
筆談4
水音銀1

デッキのやりたい事、目標

まずデッキを作るときに3rdで勝ちたいと思ったのがその時たくさんいると考えた宙日魔弾や宙雪、あゆをたくさん積んだりいている雪単、慎二を積んだ日星などがいると考えていました(実際はちょっと違ってたんですけどね(^^;)
宙日魔弾に勝ちたいと思ったとき、平賀やネコナイト+あーちゃんでコントロールしつつ宙のパワーで攻めるなら、コントロールする盤面をゲムセしてしまえばいいという感じに一個一個のデッキに勝てる戦法をもって構築しました。


☆デッキを回すのに必要な周りのカード(主にドロソやサーチを入れる
雲外鏡4 七海伊予4 永見裕子4 神楽坂京子3 鈴緒4 カリーナ1 水音銀1 (ロビン1)の部分

デッキは回らないとせっかくのコンセプト、やりたいことの意味がないですのでドロソやサーチを積みます。
積むドロソの種類は相性のいいものを優先して入れていきます。例えば永見裕子はカードを横に置いてターン終了時を迎えるので最大10枚のカードを持つことができます。
枚数に関してもう自分で回してみて適切な枚数を掴んでいくしかないと思います。

☆やりたいことをスムーズに達成し勝ちにつなげるためのカード、または特定のカードの対策
ナナカマド3 双海詩音4 櫻守姫比芽3 菅原里美4 紗音4(+ポジティブワン3) 遠坂凛2 筆談4 の部分

上のパートでただゲムセを撃つだけならできるようになるとします。そしてゲームセットを撃つ上でどういう状況なら一番有効に機能するか、またどのような問題点があるかを考えます。
前者は例えば相手のハンドが0枚ならゲムセを撃ったあとに再展開に時間がかかり何もできないターンが増えるからハンドが少ない時に撃てば強い⇒つまりハンデスすればいいといった感じに考え双海詩音を入れるなど
後者は海水浴ゲムセを撃つまでにたくさん攻撃をくらうので盤面を補強する紗音やくらったあとに回復する菅原里美を入れる。といった感じにします。

またエポナのように極端に苦手な相手がいる場合にメタとして筆談やナナカマドを入れるようにしたり、必要最低限打点を入れる為に遠坂凛や双海詩音を入れたり、負けないための対抗策を用意したりします。

長くなりましたが簡潔にまとめると、
①デッキコンセプトを決める
②達成するための筋道を決める
③浮かんだ問題点を補強する

といった感じでしょうか。 づーやんと書いてること一緒

入れているカード、枚数を人に説明できるくらいに考えるのが大切だと思います。
そして一人で考えていると考えが偏ることも多いので、ぜひ他人に相談してみてください。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しぐなりあファミリー

Author:しぐなりあファミリー
しぐなりあ それは夢の跡地
ニコニコ動画のコミュニティはこちら
しぐなりあのTwitterアカウントはこちら

カテゴリ
Lycee (7)
MTG (1)
Lycee (2)
しぐなりあカウンター
最新コメント
最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。