スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のおすすめカード 第二回

こんにちは。
最近更新してませんでしたが新企画が立ち上がりました。いつまでネタが続くのかは怪しいところ…


さて、僕の一押しはこのカード






坂上加奈


Alcot1.0より坂上加奈です。


さてこのカードの強みですが
・継続してドローする事ができる
エリアを戻す事が必要ですが、持久力がありドローする事が出来るドローソースです。
ドローというテキストは非常に大事でハンドアドが必要な序盤に置いて強いカードを引ける可能性があります。
扇などの墓地回収カードとの一番の違いですね。事故った時に解決出来る可能性があるかどうかという問題でもあります。


・デッキが減らないドローソース
このカードの一番の強みですね。
基本的にドローするカードは自分のデッキを減らす事になるデメリットが存在するのですが、なんとこのカードはデッキが減りません。
自分のゴミ箱のエリアを戻せば±0でドローが出来るんですね。
この点は非常に優秀で、例えば永見優子の他の1ドローするドロソが3回起動したとするとこのカードに比べてデッキ差が3枚も付きます。
デッキが減らないので終盤でも気軽に起動する事が出来ますしね。

・メタに強い
無限宣言可能かつ相手ターンにも宣言出来るのでフィリ、取り合い、意趣返しに耐性があります。
相手ターン中に宣言出来るのは意趣返しに強い以外にも自ターン中に戻すエリアが尽きてしまっても、相手ターンの打点でエリアが落ちれば起動出来るといった面もあります。

・メタカードになる可能性もある
デッキ差が差し引きで2枚付きますが、相手のエリアを戻す事も可能です。
荷嶋音緒や耳年増などのゴミ箱のエリアを利用するカードに強いのは大きな利点ですね。


・このカードの弱点
ゴミ箱のエリアを戻すと言ったテキストなので、必然的にデッキ構築の段階で使う事を意識する必要がありますね。
使うとしたらエリアが8枚程度は欲しいと思うので、少し構築が難しいところがあります。
また、ゴミ箱のエリアをデッキに戻してしまうので耳年増などのエリアを利用するカードとアンチシナジーなのが難しいですね。




さて、紹介しておいて何なのですが、LOEのカードなので、紹介しておいて何ですが入手はちょっとむずかしいかもしれませんね。
それでもプーチンやうっかり侍に比べて遥かに手軽な値段で置いてあるとは思います。

ちなみにこのカードを使ったデッキの紹介はこちら
http://blog.livedoor.jp/lycee_kansai/archives/6920235.html



この企画、いつまで続くわかりませんがではまた次の機会に~


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しぐなりあファミリー

Author:しぐなりあファミリー
しぐなりあ それは夢の跡地
ニコニコ動画のコミュニティはこちら
しぐなりあのTwitterアカウントはこちら

カテゴリ
Lycee (7)
MTG (1)
Lycee (2)
しぐなりあカウンター
最新コメント
最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。