スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GPTレポ×2

お久しぶりです。

GP静岡も終わりついにモダンシーズン到来!
GP神戸はこの1年で一番楽しみにしていたMTGのプレミアムイベントなので頑張りたいですね。

初めてのモダンGPのGP広州は直前でぶっつけ本番で参戦したために4-5で初日落ちと不甲斐ない成績でしたが今回は準備して向かいたいです。

GP神戸に向けて考えたデッキは2つでジャンド死の影とエルドラージトロンでした

どちらも霊気紛争以降に出てきたアーキタイプであり、死の影とエルドラージは共に好きなカードだったためにとりあえず試してみようとの事に。
どれもダメだった時はRGヴァラクートという最後の保険もあります

実際に組んで回したところ死の影ジャンドはどうにもお互いの引きの噛み合いが大事で、いまいち安定感が無いなあと。
それに対してエルドラージトロンはMOで比較的安く組めたのもあり、試してみるとかなり好感触だったため、こちらを基本線として調整する事にします。

4月の半ば頃から実際にエルドラージトロンを使用してGPTに出たので以下はそのレポートになります。

4/15 GPT@夢屋 32人
R1:UWヘイトベアー ○○
R2:RGストンピィ ✕◯◯
R3:ランタンコントロール ○✕✕
G3:相手がランタンを置けず、真髄の針2枚で終末を招くものと歩行バリスタのバーンを止めながらこっちのライブラリーを破壊するゲームに。残り15枚くらいでウギンにたどり着くも、途中でパワー1の歩行バリスタが殴れるシーンがあったり、幽霊街があるのに発明博覧会を1ターン割るのを忘れた影響で最後に1点足りずに負け

R4:ナヤバーン ○○
R5:BGトロン ○◯
G2:相手のトロンを幽霊街で妨害しこっちだけトロンの状態でお互い更地になる。相手の土地は5枚あり、虚空の杯を事故狙いでX=1で置いたら忘却石で一気に流されて怪しいゲームに。
その後の引きが強くてなんとかリカバリー出来たものの、前のターンにも忘却石喰らっていたのでちゃんとケアすべきでした

SSF:UWコントロール ◯◯
G1:先手1ターン目にエルドラージの寺院置いたら相手がそれを幽霊街する苦しそうなスタート。寺院は出るたびに割られるも、そんな事をしてマナが伸びないコントロールが何か出来るわけでもなく勝ち。
G2:相手が祖先の幻視を待機してきたから2ターン目に虚空の杯X=1、X=0で二個置いたら拘留の宝球に2個とも流される\(^o^)/
その後地図から魂の洞窟持ってきてエルドラージを叩き続けて殴りきり

SF:ランタンコントロール ✕◯✕
スイスで負けた人
G3:3ターン目にラチェボと難題の予見者の選択で、ラチェボ置いたら返しに原基の印章で割られてロックが決まり負け。結果的に難題の予見者から入ればラチェボも通せたし、すでに罠橋貼ってあって難題の予見者の賞味期限がかなり迫っていたので明確にミスでした

4/30 GPT@PWC秋葉イエサブ 78人
R1:アブザン ✕◯✕
G1・G3:共にハンデス×2からトロンが揃わず、こちらが3ターン目くらいまでターンをパスする事になって敗北

R2:御陵の足跡ハルク ✕◯◯
G1:先手3ターン目にトロン揃って難題の予見者、作り変えるものと一気に叩きつけたけど返しにコンボ決まって負け
G3:大祖始の遺産2枚と墓地対策が豊富なもののクロックが無いハンドをキープ。ゆっくり止めながらゲームしたら勝てるかな、と思っていたら臭い草のインプを盾に両面ジェイスが奥義まで届きそうになり焦る。大祖始の遺産の1枚をインプ追放に使うはめになり、歪める嘆きがある状態で大祖始の遺産構えてれば死なないだろ、と思って1マナ立たせて探検の地図を置いたらハンデスから現実を砕くものが抜かれてジェイスの奥義を止めるために歪める嘆きでトークンを生成するグダグダのゲームになるもウラモグが降臨して勝ち

R3:バント撤退 ◯◯
G2:中盤で捌きあいながら、こっちが不利気味に傾いたところで2ターン連続トロン土地を引いて土地が揃い、ウギンが全てを吹き飛ばして勝ち。1ターン遅れたら負けていたみたいですね

R4:アブザン ◯✕◯
G3:お互いトップゲーになったところで搭載歩行機械が降臨し、相手が流刑への道を引けなかったので勝ち

R5:リビングエンド ◯✕◯
G1:虚空の杯を引けずに死せる生が通ってしまい、5体くらい一気に並ぶもウギンが全て吹き飛ばして勝ち
G2:クロックが無く、妨害が虚空の杯のみだったので死せる生を止められずに4体くらいのクリーチャーに1パンで20点削られて負け

R6:グリクシスデルバー ◯✕◯
G1:後手で1マリ後にエルドラージの寺院2枚と何かの土地に虚空の杯3枚というハンドをキープ。相手が土地2枚で止まって2ターン目の虚空の杯X=1にスタックで稲妻、4ターン目のX=2にスタックで瞬唱の魔導師とほとんどアクションが無く、3枚目の虚空の杯を仕組まれた爆薬警戒でX=0で置いて特に何もさせず勝ち
G2:相手の動きが全然無くてグリクシスコントロールだと思って歩行バリスタとかサイドアウトしたら、相手のデルバーが即変身して触れず、こちらのライフが無くなる直前に外科的摘出を撃ってデッキの中身だけ見て負け
G3:2ターン目から作り変えるものを3連打してデルバーとスレ違いの殴り合いを制して勝ち

R7:アブザン ✕◯◯
G1:ダブマリ土地1詰まり
G2:相手の大爆発の魔導師キープを3ターン目難題の予見者で対処。5/6のタルモゴイフに手こずるも終末を招くものが制圧して勝ち
G3:相手のハンドが妨害多めで土地が伸びず、こちらのトップから叩きつける脅威が相手を勝って勝ち

SSF:UBライブラリーアウト ◯◯
G1:2ターン目に強行を撃たれてライブラリーアウトである事が発覚し焦るも、3ターン目に難題の予見者で相手のハンドを除いたら土地5枚でそのまま相手が地主となって勝ち
G2:2ターン目難題の予見者、3ターン目現実を砕くもの、4ターン目現実を砕くもので4キル。モダンでは禁止されたはずのムーブですね…

SF:バントスピリット ◯✕◯
G2:お互いに捌きあった後、作り変えるものとクァーサルの群れ魔道士の殴り合い。お互い土地を2ターンくらいトップしてグダるが、相手がトラフトを先に引き入れるも、こちらも現実を砕くものをトップデッキ!
返しに幻影の像をトップされて現実を砕くものをコピーされて負け
G3:トロン2種類含む土地3枚、探検の地図3枚、歩行バリスタという実質土地6のハンドをキープ。
3ターン目に歩行バリスタをX=3で唱えようとしたら相手が呪文捉え。これ追放出来ないですよね?と確認したらジャッジにお前もトロン土地揃ってないぞと指摘され、置き間違いに気づく\(^o^)/
4ターン目に歩行バリスタをX=5盤面に出し、ドラゴスコルの騎兵と貴族の教主を焼いたところで流刑への道を撃たれて呪文捉えを落とし損ねる。
残った呪文捉えと、地上が止まっているのに度々特攻してくるトラフトに上から削られて怪しくなるもカーンが間に合って呪文捉えを除去出来て勝ち

Final:エルドラージトロン 不戦勝
Bye持ちの方だったのでトスして貰って優勝!
サイドボードについて色々と話したけれど、もうちょっと聞いたりすれば良かったな。

最後はトスとはいえ、78名と中規模の大会で勝てたのはかなり嬉しいですね。

GPT2回で13勝3敗とかなり調子も良いのでこのまま本戦もエルドラージトロンを基本線として調整していこうと思います。


以下がGPT2回で使用したレシピになります。

土地 24
ウルザの鉱山 4
ウルザの魔力炉 4
ウルザの土地 4
エルドラージの寺院 4
幽霊街 4
荒地 2
魂の洞窟 1
海門の残骸 1

クリーチャー 20
作り変えるもの 4
難題の予見者 4
現実を砕くもの 4
終末を招くもの 3
絶え間ない飢餓、ウラモグ 1
歩行バリスタ 4

スペル 16
虚空の杯 4
探検の地図 4
精神石 2
四肢切断 3
全ては塵 1
解放されしもの、カーン 1
精霊龍ウギン 1

サイドボード 15
真髄の針 2
大祖始の遺産 2
漸増爆弾 2
外科的摘出 2
搭載歩行機械 2
歪める嘆き 2
墓掘りの檻 1
バジリスクの首輪 1
全ては塵 1


特徴としてはメインボードのウギン採用とサイドの搭載歩行機械でしょうか。
ウギンは正直なところ情が半分以上入っていますがリビングエンドが増えて来ている事、カンパニー系のデッキに対して苦手意識が強い事もあってそのまま採用しています。
サイドボードはかなり散らして幅広く対処するようにしており、墓地対策に墓掘りの檻も採用しているのはカンパニーに対する意識をそれだけ強くしたいという部分ですね。
リビングエンド耐性が落ちた分は歪める嘆きで補強

搭載歩行機械は日本のリアルの大会に出る以上、BG系のフェアデッキへのマークを強めたかったからです

2byeも取れたので、今後は試していないカードを中心に色々試していきたいと考えています
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しぐなりあファミリー

Author:しぐなりあファミリー
しぐなりあ それは夢の跡地
ニコニコ動画のコミュニティはこちら
しぐなりあのTwitterアカウントはこちら

カテゴリ
Lycee (7)
MTG (1)
Lycee (2)
しぐなりあカウンター
最新コメント
最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。