Pauper Constructed Leagueレポ

pauperの2/1のMOのリーグ戦の記録


MOのリーグ戦2回目の挑戦。

今回は環境トップメタ(だと思われる)である青単を使うことで、前回の過ちを払拭する。




使用デッキ:青単

スクリーンショット (7)


5-0したやつをパクった


1回戦 青白 ◯◯

2回戦 青赤緑黒氷雪? ◯◯

3回戦 エルフ ◯◯

4回戦 黒単コントロール ✕◯◯

1ゲーム目、デルバーハンドで目眩まし握ってて勝てるかなって思っていたが、
除去連打に耐えきれずクロック裁かれて、クォムバッジの魔女で蓋されて負け

2ゲーム目は先行デルバーから最速ひっくり返り、相手の行動全部カウンターできて勝ち

3ゲーム目はデルバーなしでフェアリーの悪党と呪文づまりで頑張るもクォムバッジを出されハンドにはバウンス呪文無し
仕方ないのでクォムバッジの使用に出来る限り負担を掛けられるように、カウンターに使わずエンドフェイズにひたすら呪文づまりを出してライフを攻める
二体目のクォムバッジが6T目くらいに出てきたが、その時点で相手のライフが7。盤面をクォムバッジで更地にされるも相手のライフが3
こちらのライフは15程度あったので尖塔のゴーレムを引くのを待って、ライフ切れる前にゴーレム引けたのでそのまま勝ち

青単 ✕◯◯

ついにミラー発生。

初手にクロックがいないのにキープした結果、相手は先行デルバーエンド
こちらは返しに骨断ちの矛槍(笑)
相手のデルバーはひっくり返らなかったが、NINJYUTSUされたので投了

2ゲーム目はこちらがフェアリーの悪党を出すと、相手も出すといった全く同じ動きが発生。
先行によるテンポアドのおかげでそのまま勝ち。

3ゲーム目は向こうのデルバーがひっくり返らず、こちらのデルバーはひっくり返った。
序盤で打点レースがこちらが優位になったので、ハンドに1枚あった蒸気の絡みつきで今後相手のデルバーがひっくり返ったときにハンドに戻すことに注力する。
そのため、常に3マナは浮かせる動きを意識し、こちらのデルバーへのバウンス・尖塔のゴーレム以外へのカウンターは一切行わないことを心がけて、ゲームを進行させたら特に何事も起こらずそのまま勝ち


5-0

前回トリココントロール使ったときが実質0-5だったことを考えるとやはりトップメタを使うのが安定だというのがよくわかる。

このあとフリーで何度か回して、青絡みのトロン・青黒コントロール・黒単コントロール・呪禁オーラ・ボロスキティ・親和あたりにはこのレシピの青単だと不利がついているのを感じた。
これは好みの問題だと思うが、断絶と骨断ちの矛槍はホントに必要ない。特に矛槍はテンポロスするだけに思える。
また、論理の結び目も序盤に来るとホントに役に立たない。剥奪にするか、目眩ましを増やすほうが良いと感じた。

またサイドボードの大祖始の遺産も不要に感じる。青黒やトロン相手にフラッシュバックをさせないのが目的? または拷問生活のような墓地利用デッキメタだとして、
前者はそもそも相手のリソースが還元されるようになる前に殺せていなければフラッシュバックをさせなくてもどうせ回復ランドの使い回しや全体除去が通って負ける
後者はそもそも見掛けない
なので、個人的には全く不要に思えた。グルマグのアンコウ対策だとしたら、バウンスで良いだろう

なので、ちょこちょこ自分好みに調整してみて、もう一度試してみたいところ

色々調べてた頃は青単一強のような感想なり評価なりをよく見掛けたが、
実際にプレイしてみると別段そんなようには思えなかった
青黒やトロン、赤単、白単、緑単、黒単などなど様々なデッキが一線級に強く、一強環境とはとても思えない
もっとももちろん青単はとても強いデッキ(実際いきなり5-0も出来たくらい)だけれど、それなりにメタれる要素も多々存在するため禁止にするほど強いわけでないなぁという感じ

正直、予想していたよりもpauperという環境はかなり面白いので(安いし)、
興味がある人は始めて見るのが吉
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しぐなりあファミリー

Author:しぐなりあファミリー
しぐなりあ それは夢の跡地
ニコニコ動画のコミュニティはこちら
しぐなりあのTwitterアカウントはこちら

カテゴリ
Lycee (7)
MTG (1)
Lycee (2)
しぐなりあカウンター
最新コメント
最新記事
リンク