GPT神戸 水戸リンクス

豚です。

久しぶりに文章書こうと思います。

MTGの大会レポになります。
GPT神戸 水戸リンクス
参加人数:19名
使用デッキ:ジャンド

クリーチャー 21
----------------------
爪鳴らしの神秘家4
デンプロ    4
ニッサ     2
放浪する森林  4
雷破の執政   4
嵐の憤怒コラガン2
龍王アタルカ  1

スペル    14
----------------------
火口の爪    4
龍詞の咆哮   4
残忍な切断   2
コラガンの命令 2
オブニクシリス 2

土地     25
----------------------
赤緑BFZランド  4
赤黒BFZランド  4
赤緑フェッチ  4
赤黒フェッチ  4
森       4
山       2
沼       2
精霊龍の安息地 1

サイドボード 15
----------------------
蔑み      3      
光輝の炎    3
部族養い    4
帰化      2
搭載歩行機械  2
引き裂く流弾  1

タルキールにおける氏族として存在しないジャンドを使用しました。

なぜジャンドなのかと思われるので、はじめにデッキ選択理由について(それっぽく)書きます。

まず現環境のスタンダードのデッキを以下に分類しました。
高速:赤単
中速:アブザン、ジェスカイ等
低速:青白、青黒系
その他:緑系ランプ

この中で低速は環境変わった直後はデッキを作るのが難しいと考え却下(パーツを持ってない)

次にBFZにて環境に現れた緑系ランプは組んで回してみたところ、

ミッドレンジには強いものの、引きムラが激しく安定したデッキを作り上げられず断念。

残ったのが高速タイプの赤単か中速系のデッキです。

赤単は前環境の終盤に使用していたので、選択肢としてはとても有りだったのですが、

新環境に変わって、失ったものが多く(ラブルマスター、かきたてる炎、稲妻の一撃、ウルドのオベリスク)

環境初期故に強く意識されている、プレイングがシビアになっているという2点を感じました。
(ワンミスでライフを詰められない、サイドから対策がしやすい)

そのため、多少のプレミをカードパワーによってカバー出来る中速デッキを使用することにしました。

中速といえば、例にも出した通りアブザン、ジェスカイが上げられます。

ですがそれらのデッキは当然周りの使用者も多く、ミラーの際のプレイング差が出やすいこと先手後手の差への依存度が高いというこで避けました。

よって環境にもっとも多いであろう中速に勝てるデッキを組むという方向性で考えました。(高速は当然多いのでサイドでメタる)


対アブザン、対ジェスカイにおいて抑えるべきは包囲サイとカマキリの乗り手です。

そこでカマキリを抑えられる&サイの上から殴れる雷破の執政、コラガン、ジェスカイの火力に強い&サイをサイズで上回る放浪する森林。

これらを採用できるデッキということでジャンドになった次第です。

また爪鳴らしの枠ですが始めは搭載歩行機械を採用していましたが、

中速ミラーはテンポが重要と考えゲームを長引かせる搭載歩行機械ではなく一手早く脅威を繰り出せるマナクリ採用となりました。

その他のカード全てに採用理由がありますが長くなるのでこの辺でやめます。



ここから大会レポになります。
1戦目 赤緑上陸 ○×○
G1
初手山、ズルゴから赤単?疑惑も2T目鎌虎で上陸デッキと判明
序盤は押されるも相手のクリーチャー減らしながら森林で守って攻めて勝ち。

サイド
【IN】
光輝の炎    3
部族養い    4
搭載歩行機械  2
【OUT】
嵐の憤怒コラガン2
龍王アタルカ  1
オブニクシリス 2
火口の爪    4

G2
一度は流すもその後下生え×2体が処理できずに負け。
G3
光輝の炎キープし、3T目に流す。
その後雷破で抑えて出てきた下生えを切断して上からペチペチ止まらずに勝ち。

2戦目 赤緑上陸 ○○
G1
また鎌虎だあああああああああああああああああああああああ
除去る除去る森林くんオッスオッス。

サイド
【IN】【OUT】
1戦目と同じ

G2
相手の動きが鈍い。包囲、撤退貼られる。クリーチャーは出ない…
ワイ、神秘家、森林

3戦目アブザン ○○
G1
神秘家から森林。相手のクリーチャーは除去る。

サイド
【IN】
蔑み      3
引き裂く流弾 1
【OUT】
ニッサ     2
龍詞の咆哮 2

G2
初動は除去の打ち合い。相手にサイが出た返しにオブで除去る。
森林出して相手が再びサイも火口の爪でどかして殴る。
面倒くさい飛行のロック鳥が素出しされるも引き裂く流弾で除去してgg

4戦目赤単 ○×○
人数的にIDIDでSEは進出なものの、先手欲しさにガチる。
G1
速槍タイタンの力ってされるものの横に並べられなかったため、1体ずつ処理して森林で蓋をしながら殴って勝ち。
サイド
【IN】【OUT】
1戦目と同じ
G2
速槍速槍タイタンの力アタコマアタコマ。
G3
歩行機械とニッサでチャンプチャンプして序盤を耐えて、流す&部族養いから森林森林で勝ち。

5戦目 ID
全勝2名でオポ勝ってたからここでSE全て先攻確定。


ここでベスト8デッキです。
アブザン2
ジェスカイ2
エスパー1
緑赤ランプ1
赤単1
ジャンド(豚)1

SE1 緑赤ランプ ×○○
一番当たりたくなかったデッキに当たる。
G1
ほぼ最速アタルカ

サイド
【IN】
蔑み 3
【OUT】
龍王アタルカ  1
オブニクシリス 2

G2
出されたら無理と諦め全ツッパで速攻決めにかかる。
マナクリ焼いてなんか出る前に削りきって勝ち。
G3
方針はG2と同じ。
途中蔑みしたらウラモグ×2,龍王アタルカでアタルカ抜く。
ウラモグまで行くな!行くな!超えるな!って祈ってならギリギリ届かなくて先に削って勝ち。
爆発的植生打たれなかったので相手に助けられた形です。

SF 赤単(4戦目と同じ) ○○
G1
相手早い。途中で森林×2もチャンプアタックから巻き添え被害などでライフ3に。
がフルタップだったので返しにコラガン疾駆で17点叩き込んで勝ち。
サイド
【IN】【OUT】
1戦目と同じ

G2
相手に緑マナが無い。そうだ20点カイフクシヨウ。
マタヒイタ10点回復シヨウ。

F アブザン ○○
G1
2マナで神秘家出して除去る、森林追加で相手にテンポを渡さず勝ち。

サイド
【IN】【OUT】
3戦目と同じ

G2
相手がダブマリスタート
先にクロックを置きにデンプロ素出し。
神秘家変異の返しにサイ出されるも返しにオブ。
2体目のサイを出されるも手札確認から落ちない6/6森林で抑えて返しにオブってgg


というわけでGP神戸2byeとれました。

放浪する森林はとても強いですがミラーしたくないのでみなさん使わないでください。

このデッキの入れ替え案としては
究極の価格
囁き森の精霊
あたりが強いと思います。

ジャンドの使用者はとても少なく意見は欲しいので、これが強いよとか意見あったら豚までお願いします。m(__)m

以上です。長くなりましたがここまで読んでくださってありがとうございました。

BMO横浜、GP神戸でお会いしましょう。ノシ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しぐなりあファミリー

Author:しぐなりあファミリー
しぐなりあ それは夢の跡地
ニコニコ動画のコミュニティはこちら
しぐなりあのTwitterアカウントはこちら

カテゴリ
Lycee (7)
MTG (1)
Lycee (2)
しぐなりあカウンター
最新コメント
最新記事
リンク