スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画:懐かしのカードを振り返ろうキャンペーン第五回

えんぴつくんを待ってたら、気づいたらとまとさんが更新してました。
づーやんです。

さあ、そんな第五回、またまたストレージから選ばれたカードは…こちら!

木登り

木登りです!
僕がリセを始めた時の最初のデッキは雪単だったんですけど、始めた時期がロステク全盛期をすぎていたのでこのカードにはそこまでお世話になったわけじゃないんですね…

ただ僕はり。おんらいんというCGIでかなりの間リセを遊んでいて、ロステクを絡めてこのカードを使うデッキも組んだりしてました。
実際に木登り自体は等価のハンデスカードで相手だけEX1が掃けるのですが、雪のドローソースによって得たハンドアドを盾に木登りを貼っていく所謂木登りゲーの強さは実際に使って体感した記憶があります。
このカード自体がEX2でコストとして優秀な上に、握っている強力なカードをコストに切らせる事が出来たり、それを握ろうといしたら1ターンの打点を防げたり、とどちらに転んでも優秀で非常に強かったんだろうと想像出来ます。
もちろん相手がハンドを1枚以下にした時は確実にテンポが取れるわけで、そういう風にハメに行く事の方が多かったんでしょうか

猛威をふるっていた時代にこのカードを使う事はありませんでしたが、その後ちょくちょくロステクを利用したデッキは組んだりする度にお世話になったカードでもあります。

時代が進んだ後はフラットスナークのお供として、苦痛・マナーと並ぶ選択肢のカードとして採用したりしましたね。
ちなみに調べてみたら僕はこのカードを3枚積んだ日雪でGPに出ていたらしいです。レシピはこちら
前述したように基本的にどちらに転んでも損が無いようなカードなので、この時代でも貼って強かったというシーンは少なからずあった印象です。
まあ3枚も積んでるくせにハンドアド押し付ける時は基本的にバットゲーしてたみたいですね()

このGP3rdに出たデッキは本当に思い入れのあるデッキです。結果としては3-3止まりでしたが、数少ないオリジナルのデッキですし、それでGPに持って行こうと思えるぐらいには自分の中で強いデッキでした。


ではみなさんまた、次の機会に
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しぐなりあファミリー

Author:しぐなりあファミリー
しぐなりあ それは夢の跡地
ニコニコ動画のコミュニティはこちら
しぐなりあのTwitterアカウントはこちら

カテゴリ
Lycee (7)
MTG (1)
Lycee (2)
しぐなりあカウンター
最新コメント
最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。