ヒロプレ準公式チェルモと雨切レイピクシブコンテスト速攻

ヒロプレ準公式出てきました。
雨切レイ+ピクシブコンテストビートダウンで準公式出ました
3-1といい結果出せたので、レポと考察を

1 ながら東海 ×
あれ?お小遣い上げて3500/3500が立つデッキ対プレイス弱くしたら4000/4000が立つデッキ

勝ったな(確信)

と思っていたら雨切レイを富士山で止められる
まぁ、ながら両サイドは通るしー→松坂のえるで雨切レイが戦闘不能
(´ω`)
\(^o^)/
なんとか攻めてみるも最後に相手の行動済み捲って死亡


2 プレイス奪う山陽○
後述の雨切レイの序盤の優位性活かしてガン攻めして、勝ち

3北信越○
上に同じ


4プレイス奪う山陽○
相手が渋谷日和の移動効果忘れてルールブレイカー死亡。
あとは上に同じ


雑レポだけど、雨切レイで速攻を掛けて勝ってます。

以下、雨切レイに関する考察です。
00548.jpg

雨切レイは初ターンの手札消費なしに、4000/4000がスタートから立っているデッキです。
その代償はプレイス効果を持たない(持っててもアドに直結しない)ルールブレイカーを20枚デッキに採用するというものです。
しかし、このデメリットは一見、非常に厳しいように思えますが、ぶれ幅はあるものの同系の鵜飼ながらや山陰の手札を三枚破棄するライバルたちとほぼ互角といえます

比較すると
長所
①初ターンのハンド消費がない。
②魔法少女大戦のカードであり、サポートを受けることができる
③鵜飼ながらとことなり3コスの標準的数値3500/3500に一方を取られない
④鵜飼いながらと異なり地域を問わない。

短所
①プレイスのアベレージが弱くなり、(プレイスから2アド発生と仮定すると)最終的な損失の期待値は4アド失うことになり、最終的なハンド収支では他の2枚より重くなる。また、期待値以上にルールブレイカーをめくることもある。

構築当初、プレイスが弱いというデメリットを克服するために雨切レイのスペックを活かして、関東の移動効果を組み合わせることで、相手の攻撃をシャットダウンするという構成を考えていました。
つまり、プレイスを捲らせなければ、デメリットを受けず、勝てる理論です。
しかし、この理論が成立しませんでした。
理由は長期戦となりプレイスやそれ以外のアド差が簡単についてしまうこと。
ウィニーの協力攻撃(2000/2000)に都合よく小田原城を持っていないことが多い。
行動済みプレイスを捲った瞬間に受けきれなくなり、負ける

といった理由です。名古屋バトラでの勝率はひどいもんでした。

しかし、雨切レイはおっぱいも大きく(魔法少女大戦タクティクス内最大のバスト89)めっちゃかわいいので、なんとかできないかを考え、次はメリット①初ターンのハンド消費なしに着目しました。

他の大型ルールブレイカーはハンド消費があり、スタートカードを1コストキャラと仮定するならば
山陰の子は4コスト5000/5000
ながらは3コスト3500/3500となります。
しかし、雨切レイはハンド消費がないため、1コスト4000/4000として運用をすることができます(もちろん、プレイスのめくりで差が付くまでの間ですが。。。)
4000/4000は他二枚の中間地点ということで、だいたい、初手の間のみ手札差2.5枚から始めていると言うことができます。
そこで、プレイスでのめくりの差がつく前にこの、2.5枚分のアド差を活かして、速攻します。

また、速攻であるため、先行が取りたいということで、雨切レくイ移動ギミックで後手でも相手の攻撃をシャットダウンする布陣を組み、先行後攻を入れ換えたのち、速攻を掛けます。
この手の速攻は先殴りと、打点ずらしの有無で大きく差がつくのですが、今回はこちらは手札差が2.5枚あるので、先に殴り始める布陣も組め、移動ギミックによる残りプレイス少ないときの防御回数の増加など、こちらに利があると言えるかと。

そんなこんなで大型重視のデッキから小型のウィニーに寄せました。
また、プレイスの弱さを改善するため、神宮えるの採用を考えました。

神宮えるはルールブレイカーとして珍しくプレイス効果を持っており、ピクシブコンテスト採用キャラを起こすという有用(なのか?)のプレイスを持っています。
これはとても大きく、防御回数をずらすことが可能です。また、関東のピクシブコンテストキャラは驚くほど強く、ウィニー向けであるため神宮寺えるの採用を行いました。
00555.jpg
なお、優勝プロモのため、四枚あつまらんもよう(`Δ´)ファック

長くなりましたが、これが雨切レイ魔法少女大戦+ピクシブコンテストです。
ピクシブコンテストキャラの有用制に気付いたのが当日の朝、11時、箱を開けてるときのボックスプロモみてだったので、よく間に合ったなと
以下がレシピです。
(P)はピクシブコンテスト
(魔)は魔法少女大戦のカードです

4結城のばら(魔)
2馬飼つつじ(魔)
4越ヶ谷理紗
4ソーニャ=スモノ=オカメキケ
2月乃佐葉紅(P)
2神宮える(P)
1鄭娉婷
1東照聖香


通常枠
4花見川千奈(魔)
3サブリナクランベリー
4小張凛 (魔)
2チャスラフスカ(P)
3渋谷日和(P)
2八王子喜縫(P)
3大河瀬桜(P)
3夢魔
2鴻巣くれあ
1川崎あくあ
2石乃真希
1小田原城

立ち回りは前とほぼおなじです。
ただ、ウィニーになったので、かなり雑に雨切レイで相打ちを取っていきます。2000+2000の4000パンチも雑に受けて手札差を押し付けて行きましょう
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しぐなりあファミリー

Author:しぐなりあファミリー
しぐなりあ それは夢の跡地
ニコニコ動画のコミュニティはこちら
しぐなりあのTwitterアカウントはこちら

カテゴリ
Lycee (7)
MTG (1)
Lycee (2)
しぐなりあカウンター
最新コメント
最新記事
リンク