フラグ操作論

天空のスカイガレオン、バランス調整来ましたね。それもかなりの大型の

今までがっかりLEと言われていたカード達に修正がかかった感じでしょうか。



さて、突然ですがTCGプレイヤーの方々はフラグというものを経験しているのではないでしょうか。
ワンキル嫌だなーって言ったらワンキルを踏んだり、当たりたくないですねーって合間に話している人と当たる。

ついこの前は四天王の一人、えんぴつが「初手のお願い止まるの爆破ぐらいだよねーw」ってロクさんと会話してたら綺麗に初手お願い対応爆破を撃たれたことは記憶に新しい。


やはりフラグは存在するんですよ。しぐなりあにはそのようなフラグによる被害を避けるために、フラグ回避論と言うものがすでに存在します。喋らないだけですけどね


しかし、フラグを立てて負けるということはフラグによって勝ったものがいるということ。つまり、勝ちのフラグが立つように状況をコントロールすれば…?

そう、それがフラグ操作論。



みなさん、僕がつい先日LEテスカトリポカについての記事を書いたでしょう?

その結果がこのバランス調整です。
これこそが確立されたフラグ操作論の成果と言えるでしょう。


常に最先端の理論を行く。それがしぐなりあ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しぐなりあファミリー

Author:しぐなりあファミリー
しぐなりあ それは夢の跡地
ニコニコ動画のコミュニティはこちら
しぐなりあのTwitterアカウントはこちら

カテゴリ
Lycee (7)
MTG (1)
Lycee (2)
しぐなりあカウンター
最新コメント
最新記事
リンク