赤タッチ黒ロードクリムゾン

綾瀬杯に向けて動き出してます。
というわけで、前回の綾瀬杯の反省である「デッキが未完成」であった点をなんとかすべく、早い段階から動き出しました
デッキを早いうちから考えて、さらに公開するついでに考えとかまとめてデッキの完成度をあげていこうという作戦

というわけで、まず、レシピ
スタート ラハール
IG枠
4卑弥呼
4アルテミス
4ラクシュミ
2ゼノビア
3ルビーハウル
3ヴェルダンディー

4沖田総司
1蘭丸(5コス)
1アポロン
1エメラルドスタッグ
1タンクハート
3マトック
4ロードクリムゾン
2シェークスピア
3しゅほうはっしゃー(1コス)

3アリス
2ベイン
4魔神の目覚め

■綾瀬杯の環境読み
綾瀬杯は日本一ソフトウェアの後ということを考え、環境にフロンが登場し、月影葬送牙
パニッシュメントクロスなどの呪文が減ってくるのでは?という予想を立てています。
呪文がない環境であればこロードクリムゾンの効果をかなり活かせるのでは?と考えて、構築しました。
ロードクリムゾンは呪文による対処を考えない場合、リソに赤六枚以上あれば、起きた状態のロードクリムゾンを突破できるのは、フロンとサイクロトロン、とんでもないバンプしたライカンの方々だけというぐぅの音もでない畜生です。
ロードクリムゾンをPS横に起けば、環境に呪文が少ないならボードの制圧を狙うことができるのでは?と思い立ち、考えてみました。
また、赤を濃くするデッキのため、黒白緑の竜に対してメタとなる発掘職人マトックを採用できることも強みと判断しました。
今回の竜たちはかなり強く見え、綾瀬杯でも絶対数いると予想してます。いまのところ
そんなこんなで、マトックを採用できるのはきっと強いでしょう。きっと

■立ち回り
基本的に目指す盤面はPS脇にロードクリムゾン×2
魔神の目覚めは10500ラインの投げ合いに優位に立つべく採用
相手のフロンが4枚ならこちらは魔神の目覚めと合わせて八枚体制にしたいという考えです
相手のプレイヤーが、フロンとかでなければ、相手ターンに効果起動を、フロンとかこっちの起動前に潰してきそうなら、自ターンに効果を起動するのもありかと思います。そのあたりは研究中。。。
ベインは基本的に無理なIGを返すために採用。魔神の目覚めのサーチがあるので、一応枚数はしぼりました。
序盤のライフを確保や引き殺しデッキへの対策はしゅほうはっしゃーを採用。
三枚しか枠なかったけど増やしたい。。。
フロンへは、ブレイバーの卑弥呼、5500ラインで殴れるルビーハウルの二種、そして、ロードクリムゾン本人で対処することを考えています。

構築面の課題
やっぱ、フロン考えるとオロチ採用したいよねという。
そして、黒竜でリソースリンクが安定し始めた赤黒イェガーへの回答がないということ。
あと、5コス枠の選定を悩んでいるからといって候補を全部一枚指しは甘えでしょう。
ただ、アクターレというカードでロードクリムゾンが止まる可能性を考えると、5コス枠はしっかり積んでいきたいですね。

こんな感じですかね。
綾瀬杯、次回も頑張っていきたいですね。

すげーどうでもいいけど、黒巫女はまちがいなく搾乳プレイできる気がする。

ではノシ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しぐなりあファミリー

Author:しぐなりあファミリー
しぐなりあ それは夢の跡地
ニコニコ動画のコミュニティはこちら
しぐなりあのTwitterアカウントはこちら

カテゴリ
Lycee (7)
MTG (1)
Lycee (2)
しぐなりあカウンター
最新コメント
最新記事
リンク