スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵師単「花宙魚単」

はい むっちゃ久しぶりですね!!! どうもナガヤンです!!!


毎度のことですが、やはりリセのモチベは維持できない!! EXVSFBのモチベは常に高いんですけどね!! 


もっともEXVSFBは一緒にやる友だちいないんで、そういう意味でむっちゃ寂しいですけどね^q^q^q^


さて、そんなナガヤンですが実はずっと肌身離さず持ってるデッキが3つあるのです

そう、それが”絵師単” 構築制限のカードが出たことで、もう二度と公式大会が開かれないであろう絵師単です(((

ナガヤンは今、

”魚単”
57438373.jpg

”いたる単”
56457504.jpg

”かんなぎれい単”
57736528.jpg

を所持していますが、今日は魚単について書いてみようかなって思います

①魚単というデッキの種類や特性

魚さんは結構色々書いているので、カードプールは”それなり”に広いです

なので結構、プレイヤーによって魚単というのは形が変わっている印象を受けますね


58518963.jpg
58039370.jpg

この2枚でチョップ舞を移動させて相手の盤面を妨害するタイプが流行っていた印象です

そのデッキが宙メインだったように魚単を使う上で、やはり”宙”というカラーリングを外すことは出来ないでしょう

・魚単における”宙”

宙には圧倒的なパワーカードであるチュチュ・アストラムが存在するからです
57796863.jpg

上月澪という回復メタが”双龍単””依澄れい””魚単”程度にしかいないため、コントロールがほぼ存在しない絵師単というビート環境では圧倒的なパワーカードであるチュチュ・アストラム

※高野ういさんも描かれていますが、デッキがやっと作れるレベルのプールしか無いので除きました

このカードを使用しない理由は全くないです

また宙には登場時に相手のハンドを1枚ハンデスするヨーコや先ほど画像を上げた七々原薫子
57438373.jpg

など優秀なアタッカーや、自身を除外することでAP1のキャラを行動済み状態にする松田直子というカードなどサポートキャラとしても優秀なカードがあり、非常に粒が揃っています

・魚単における”花”

個人的に2色目に強いのはやはり花でしょう

花には多くの回復カードがあり、
59679984.jpg
58413370.jpg
58039323.jpg

彼女たちのDFからの助けはとても大きいです。またドロソや軽量アタッカーも多くいるのが魚単の花属性
58448460.jpg
57991257.jpg
56386626.jpg
57455055.jpg
58519090.jpg


そして貫通力のあるAFとDF
58414738.jpg
58081426.jpg

 
チュチュ・アストラムを超えるパワーは無くとも全カードの平均的なパワーでは明らかに宙を凌駕しているのが魚単の花属性です

・魚単における”雪”

正直魚単の雪は弱いです。ですが、それはあくまで現状のカードプールでは活かしきれていないというだけで、本質的なパワーは決して低いわけではないのです

昔、ひまわりコントロールと呼ばれる雪単が存在しましたが、そのメインギミックであるひまわり優子を魚単は行うことが出来ます
58519031.jpg
57762324.jpg


また優秀なサポートカードとして
58448497.jpg
58039286.jpg


などがあるので、将来的に使われる可能性は多いでしょう。

魚単はイベントを12枚積めるので、志摩子を使うことが出来なくもないですがさすがに持ってこれるイベントが弱すぎるので割愛

・魚単における”日”

正直、個人的にはさほど特筆する部分は無いです

あえて言うならこの子が強い
58039370_20130708002041.jpg
55700305.jpg


・魚単における”月”

こちらも個人的にさほど特筆する部分は無いです

ただ日はパワーが無いわけではないので、使う分には問題はないとは思えますが、ホント特筆するカードはない(゜_゜)

②魚単を組む上で、なぜナガヤンはというカラーリングを選択したのか

魚単というデッキは、他の絵師単に比べて圧倒的にドロソや軽量キャラが多く、また圧倒的なまでに回復が強いのが特徴だと思っています。

この前提で、様々なカラーリングをなぜ採用しなかったのかを説明します

・宙日(日宙)

宙日というカラーリングにした場合、DFの貧弱さもさることながら日の主要カードが3コスト以上、宙の主要カードが3コスト以上であるのにドローソースが少なく、また回復も少ないので選択すべきではない

・日花(花日)

このカラーリングはDFも強く、回復も可能でドローソースもある。なのになぜ、選択肢ないのか。それは単純に日と宙を比べた場合に、日は宙よりもパワーが低い、と思われるからです。やはりDP3以上のアタッカーが多く、また圧倒的な回復量を生み出すチュチュ・アストラムや相手の盤面にプレッシャーを与えられる七々原薫子のような強力なカードが少なく、ビート性能に置いていまいち信用ならない部分があるのが”日”だと考えているためこのカラーリングを採用しませんでした


・雪+他色

ひまわりコントロールから出るカードが無い。雪月にすると多少は活かせるが、それ以外のドロソがない。打力も回復も無い。花や日、宙と合わせる場合、雪を抜いた方が強い。オワコン

・月+他色

同上。沖原琴羽でカモフラージュというエリアを引っ張ってきて川名みさきを出すと強そうですね(゜_゜)

と、言うわけで以上の理由から自分は花宙というカラーリング以外を選択しませんでした。


③そんなことよりデッキレシピだ!!

高かったり置いてなかったりで揃っていないカードがあるため(主にネプキアと葉桜 清楚)、えっなんでこれ4じゃないの?って部分がありますが、許して下さい……なんでもしますから!

花EX1  1枚
沢渡 弓月  1枚

花EX2 33枚
黛 由紀江  4枚
来栖野 小夏 4枚
七瀬 ほのか 4枚
与神 ひよ  4枚
上月 澪   4枚
香姫     4枚
羽根崎 美緒 4枚
ネプキア   2枚
柊 赤緒   2枚
葉桜 清楚  1枚

宙EX1  4枚
松田 直子  4枚

宙EX2 22枚
七々原 薫子 4枚
チュチュ
 アストラム 4枚
リリィ・
シアフィールド4枚
千堂 瑛里華 4枚
ヨーコ    4枚
来ヶ谷 唯湖 2枚



という感じですね。基本的な動きは序盤はドローして、盤面を一気に揃えて余ったハンドは与神ひよや薫子に割いて回復と貫通、そして軽量DFでチャンプを繰り返すという形

AF 薫子 まゆっち チュチュ

DF ほのか ひよ  香姫

のような盤面を作れるとベストですね。羽根崎は序盤に出すとデッキ6点回復してデッキからカードを2枚ハンドに加えるという効率を叩き出せるので、序盤に引いたら積極的に出して良いと思います。もし相手がすぐにハンドに入れさせたとしても、仲内の上位互換の動きになるので問題はないでしょう

ネプキア、清楚に関しては持っていないのでこの枚数。ぜひ増やしたい枠ですね

チュチュ・アストラムがいなければ正直、花単二したく成るほどに花のカードが強いと思っています。しかしその花のカード全部よりも、チュチュ・アストラム1体が強いのでやはり宙を混ぜる形になる

千堂瑛里華や姉御は非常に弱いので、もっと別のカードに変えた方が強いかもしれませんね


というわけで、今ナガヤンが使ってる魚単のデッキでした!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自分も魚先生単組んでました。(ウィニー寄りの花単でしたが)
絵師単は初対面でも相手との会話とか対戦してて盛り上がったから好きだったんですけどね…

No title

花単も強そうですねw プール的に単色、という考えはありませんでしたが、結構チャンスありそうですね! 

絵師単はホントに盛り上がるので、なんとかルール整備してまたやってもらいたいところですね(´・ω・`)
プロフィール

しぐなりあファミリー

Author:しぐなりあファミリー
しぐなりあ それは夢の跡地
ニコニコ動画のコミュニティはこちら
しぐなりあのTwitterアカウントはこちら

カテゴリ
Lycee (7)
MTG (1)
Lycee (2)
しぐなりあカウンター
最新コメント
最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。