スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おじょナナ感想

だから、こんばんは。
づーやんです。

このタイミングだから、リセの記事だと思いましたか?


違うんです^^


これがやりたかっただけなんですけれどね\(^o^)/

新段の考察自体はまあすぐ上がるんではと思います。



なのでやったエロゲの感想でも

以下ネタバレ込み








ということで、先週発売したお嬢様はご機嫌ナナメ、やっていました。

とりあえず公式ページを見て貰えれば分かるのですが、このポーズと良い、まあコメディ系のゲームだろうと思っていたんですよ。


蓋を開けたら割とシリアスな流れで話が進んでいってびっくりしました。

話の流れは主人公が使えているお嬢様の財閥がやばくなって、政略結婚をさせられそうになり、主人公がそれを防ぐというもの。

ここまでが第一部で、第二部では第一部の結果、財産を失って庶民となったお嬢様と暮らしているところから話が始まります。

また、メインのルートと違い、何故か途中でアイドルを目指す友人のマネージャーとなってサポートするルートもありますね。
まあこっちはサブというか、おまけの様なものですが。

割と財閥の乗っ取りとか、システムとか金融の話が上がってきます。
金融とか、経済とかそういうのをテーマとしている話なんでしょう。
とはいえ、ちょっと齧った程度の僕でも色々とおかしいんじゃないか?って思う点が出てくるんですが、まあキにしちゃいけないんでしょうね。

一部と二部を通して、共通の敵として七海の姉である鶴美がいるんですが、とにかくその鶴美が病的なまでに主人公に絡んでくるんですね。
やっていて、主人公と鶴美の関係が物語の主軸であり他はおまけのように感じます。

僕はその鶴美のドロドロとした感情が読んでいて、面白かったのでこの作品は楽しめたんですが嫌悪感を覚える人もいると思いますし、そういう人には合わないのかなあと思います。


後、冒頭にも述べたようにサブとしてアイドルルートというものがあるんですけれど、こっちの方に入ると主人公が今までの事を放り出してアイドルの世話をするので正直(´・ω・`)(´・ω・`)????となりますね

しかもそのアイドルの片割れである音羽が非常にウザい…バカだし、うるさいし、話が通じないわで苛ついちゃうんですね。
青葉りんごボイスにアドを見いだせる人にはご褒美かもしれません。

まあアイドルルート自体、ライターが違うので正直なんとも言えない出来ですね(´・ω・`)




以下、個別にルートの感想でも

・七海
アフターもあるみたいだし、メインヒロインのお嬢様ですね。
電波系お嬢様ですが、実際は完璧超人というキャラ。
まあ優秀なのは良いんですが、このルートのオチは七海お嬢様は天才だから結局すべて見越していて解決してくれました。ってモノなんですよね

メインルートの第一部からそうなんですが、主人公はこのお嬢様のために奮闘するものの、最後はお嬢様が解決するって話で、やっぱり七海お嬢様はすごい!ってオチになるんですよね

このお話の中で、七海は最初から最後まで完璧超人の様に描かれていて、あまりかわいいと思う余地が無いなあと思ってしまいました。

とはいえ、色々言動は面白くキャラはすごい立っていたと思います。桐谷華さんの演技もいいですね。まっじで!とかはめっちゃ印象に残りました。

・花
主人公の義理の妹。
七海を表ヒロインとすれば、真のヒロインはこちらなのでしょうか。
ルート的にはこちらが真ヒロインだと思いました。

とはいえ共通では割と出番が少なめで影が薄いのですが、兄さんボディソープとか兄さん抱きまくらとか、相当なブラコンっぷりを見せつけて来ます。
素直な妹で可愛いですね。貧乳を気にしているところも可愛いと思います。

ルートとしては家族にスポットが当てられていて、主人公とラスボスである鶴美の関係が明らかにされます。
やはり物語のメインは鶴美との関係であり、その核心に迫るこのルートが一番良かったなあと思います。
出来れば七海よりもこっちのアフターがみたいかなあと思ったり。

・詩綾
メインルートの最後の1人ですが、前2人と違ってルートに入った瞬間に急にコメディになります\(^o^)/
それまでは、男が苦手な深窓のお淑やかな令嬢で、主人公を慕っていて…と良くありそうなお嬢様なのですが、ルートに入った瞬間にBL好きで圧倒的な腐女子で相当なドMという事が発覚します\(^o^)/\(^o^)/

話自体は、それに主人公が好きな人に抱いていたイメージと、現実のギャップを受け入れるという話なんですが、もう詩綾自体のキャラが完全にぶっ飛んでいて面白いですねw
共通で真面目枠だったのに、普段の言動から変態的なドMになって、そのギャップに笑いましたw

シリアス分は一応、弟の詩音が背負っていて完全にコメディという訳ではありませんが、良い意味で期待を裏切られて面白かったです。
ヒロインとしての魅力は一番あったんじゃないんでしょうかw

・音羽
アイドルを目指す貧乏人。
金髪ツインテールと、見た目的にはどストライクなのですが、とにかくウザイ(´・ω・`)
やれば分かるのですが、本当にウザイです。話は通じないし、バカだし、その上に色々引っ掻き回すし…
基本的には丁寧な主人公が乱暴な口調になるのも分かりますね。
ルートに入ったら、急にデレるのはいいんですが、前述のウザさが本当に…
弟と妹は可愛いんですけれどね。どうしてこうなったのか(´・ω・`)

・透夏
主人公の通っている武道場の娘さん。
ずっと主人公が好きで、男っぽいと言うイメージを払拭するためにアイドルになって…という子です。
この子自体は素直で割と可愛いんですが、相方とアイドルルートの整合性に引きずられて残念になってしまった感じが否めません。
共通でも割と影薄いしね…不遇だね…
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しぐなりあファミリー

Author:しぐなりあファミリー
しぐなりあ それは夢の跡地
ニコニコ動画のコミュニティはこちら
しぐなりあのTwitterアカウントはこちら

カテゴリ
Lycee (7)
MTG (1)
Lycee (2)
しぐなりあカウンター
最新コメント
最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。