FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーイチの東京GPエリア決勝レポ

お疲れ様でづ
ヨーイチです。

前回入賞して調子にのってレポを書いた所、勝った時だけ書くのは良くない、負けた時こそ書くべきだ、と言われたので今回更新いたします。

まず結果ですが、3-3でした。普通だな!

正直タコ負けと言う訳でも勝ったという訳でもないなんとも言えない成績ですが、レポを書いていきたいと思います。

今回は

1.東京フェスタからのデッキの変更点
2.当日の簡易レポ

の2点でお送りいたします。

1.東京フェスタからのデッキの変更点
明確な違いは荊軻の採用とサタンを減らし、デュエルを増やした点です。
デュエル増加の理由としては、ウィニー日単の出現による日単勢の増加を読んだからです。
名古屋フェスタの結果を踏まえて思った事は、日単は決して月単に勝てない訳ではないという事です。

移動日単は勿論の事、シロタツさんのウィニー日単は2回結果を残しており、間違いなく数は増えるだろうという読みをしました。
その考えからいきますと、3ハンドアタッカーの採用に関しては、はっきり言って立ってても役に立つミョルニル以外は採用は難しいと言えます。
特攻しない限りは2ハンドキャラで止められてしまうAP止め要因を豊富に持っている日単に対して、3ハンド中心で相手のAPダウンがほぼ出来ない雪では、特攻の選択肢しかありません。
ギルドオーダーの条件等、特攻し辛い事を踏まえますと、サタン、清姫が立ってるだけの状況がどれだけテンポもアドも失ってしまうのか、という結論に至りました。

逆にデュエルに関しては対日単ではかなり高評価なアタッカーと言えるでしょう。理由は3つ
1.ソルの対面に出すキャラとして優秀。ソルが落ちないようにするにはサポートが必要でかつ、実質3点とはいえ4点入れられるのは対日単ではかなり強い。更に最終的に研ぎで相打ちをかなり狙い辛いキャラでもあります。
2.今の日単ではDP3の2ハンドキャラがいないので相打ち未満になる事がほぼなく、ミョルニルがいれば相打ち自体がアドになります。
3.最悪DFに置ける3/0の運用も出来ます。

以上の事からサタンを減らし、デュエルを増やしました。

荊軻の投入に関しては上振れ狙いです。対月単の3ハンドキャラゴリ押しに対して除去は必須であり、翁ギルドオーダーだけでは足りないと判断したからです。

2.当日の簡易レポ

1戦目 移動日単 タナトスハートさん 負け
実は前日調整の為GP予選に出た際に当たっており、試合も負けフリプも2連敗とボロボロの相手でした。
とはいえ、苦手な日単といえど、寧々とのぞみやリースフィアッカさえ引ければきっとなんとかなる!俺はゆず環境から共に戦ってきた相棒である寧々と心の欠片を信じるぞ!と初手をチェック






心の欠片3枚「頑張ろうぜ!相棒!」


違うんだよなぁ…
試合に関しては、ミョルニル単騎エンドからソル凪返し、ソル対面にジャックを置き4点で殴り続けるという、初手からは考えられない位良い勝負に。
ただ途中でミョルニルいる状態での千莉のぞみでミョルニルの誘発を忘れる痛恨のミス。最後は相手デッキ8枚、こちらは手裏剣の後ろにのぞみがいるという5点確定の盤面までは作ったものの、という1点に泣く結果となりました。
1点で相手のドローが変わった可能性はあったものの、自分の酷いミスで勝てた可能性を捨てたと思うとかなり悔しかったです。

2戦目 ウィニー日単 勝ち
他の人との話で、ウィニー日単は増えても大会で1回当たるか当たらないかレベルだと思う、というその1回を引きました。
かばぷさんやとまとさんやえんぴつさんとのウィニー日単の練習を積んだ結果、見事に成果が出ました。
途中で「あ、ここみんなに言われた所だ!」とか思いながら、危なげなく勝ちました。

3戦目 月単 はるさん 勝ち
月単がマシュ酒呑というスタートに対してこちらは千莉翁、マシュ除去という返し。翁で除去すべきはマシュか酒呑かは議論になる事はありますが、僕は大体いつもマシュです。酒呑を選ぶとしたら手札にジャックがいる時だけ悩む程度ですね。
試合に関しては途中一時相手が打点先行したものの、リースフィアッカを3回言えたのでその差が大きく、勝ちました。

4戦目 雪単 負け
この試合に関しては、ミスだったのか運が悪かったのか良く分かりません。
相手の千莉ジャックスタートに対して寧々ジャック対面リース返し、千莉パンチ後のぞみで寧々除去、2枚目の寧々とミョルニル返しという展開になりました。
寧々は3回言えてジャックはリースで止まってるというハンドアドでは勝ってる状況であったものの、ジャックの効果や他の3ハンドAFを除去、止める手段を引かず、結果として打点はかなり先行されます。
最終的には10枚差をつけられて敗北しました。
除去が引けなかったという言い訳はあるものの、止める手段が多いジャックに対してリースフィアッカという万能の防御手段を選んだのは果たして正解だったのか、そこのプレイングは疑問が残る試合でした。

5戦目 月単 トウカさん 負け
兎に角異議ありと聖女の祈りが刺さった試合でした。スタートに関しては物凄く不毛なスタートで、相手はフランケン単騎エンド、こちらはミョルニル単騎エンドでした。なんだこの試合。
その後酒呑カーマを出されて酒呑はリースフィアッカ、カーマはギルドオーダーで対処しようと打った所異議ありで返されてしまいました。その後、フランケン対面に出したAP止め要因のジャックを突破する為にロビンを出され、これはアカンと思い除去しようと千莉のぞみを出した所、聖女の祈りで防がれ全く打点が止まらない等々あり、ボロ負けしました。
フランケンカーマ酒呑のAF半端ないって。あいつら殴らなくても7点稼いでるもん…。そんなの出来ひんやん普通…。

6戦目 月単 タマーmaxさん 勝ち
この試合は今大会で最大のぶん回りを見せたのに対して、相手は酒呑もマシュも引けなかったので、そら勝てるわ…って試合でした。
ニケアシュリースタートの返しが千莉翁寧々、その後出てきたアタッカーは全てリースフィアッカやのぞみで返し、たまに出てきたカーマは全てギルドオーダーで処理、最後は手裏剣とポリンで詰め切るという、雪単最強の動きで20枚差をつけて勝ちました。


結果としては3-3。しぐなりあ勢はえんぴつさん5-1、マミヤさん4-2、とまとさん4-2という結果の中で、及ばなかったな、という印象でした。

最後にえんぴつさん、本当にファイナルおめでとうございます!大阪では一人でも多くのしぐなりあ勢がファイナル進出出来るよう、出来れば自分も初ファイナルに進出出来るよう頑張っていきたいと思います!

ガルパン環境に関しては、最強のガルパン単を目指して頑張ります。GPも絡まなさそうだしね…

それでは皆様、また次の記事があればそこで会いましょう。

またの!









後づーやんは早くリセ復帰して
スポンサーサイト

宙月神姫との出会いプレイガイド

お疲れ様です、づーやんです。

富山、東京と二週間連続でフェスタに出てきました。
今回はこの2回のフェスタの間に調整し、結果として東京で使ったデッキについての記事になります。

デッキの初期構想としてはこちら。
http://blog.livedoor.jp/tekitouzx/archives/1071641832.html

マミヤナガツが富山フェスタで持ち込んだデッキです。
富山の週にマミヤナガツがラインでデッキ案を送ってきました。

構築のスタートは神姫との出会いがカードとして強く、ケアして縦にSPを追加する動きに対してロンゴミニアドが刺さるというところでした。
神姫との出会いのカードパワーは楓月さんがオープンで示しており、なかなか理がありそうだと僕とえんぴつが興味を示して調整する事にします。

しかし富山の前日、旅館でみんなで調整したところ感覚は悪く。
当たり前ですが打点がとにかく伸びない上に宙が主体となっているため間接打点も採用しづらく、キャラ湧きにも問題を抱えます。
神姫との出会いも単純に先にAFにSP2を追加されると打ちづらい盤面も多く、いまいち決まらない。
ロンゴミニアドは神姫との出会いの逆択を作りにいくカードなのに、まるで掃けないため引いたら撃つ事を強要されてしまう、と課題点が続出しました。

特に疑問が出たのはロンゴミニアドの必要性で、花単に対しては間違いなく強いのですが、それ以外だと後引きして弱いシーンが多数。
撃つために場を整えないとダメなため、初手以外のタイミングで引くとプランがとにかく立てづらいし、月のカード(メディアリリィ、ネロ)の配置が基本中央DFのため、月のカードをプレイした途端に使いづらくなると感じました。

土曜夜の調整段階では僕とえんぴつはロンゴミニアドを抜き、代わりに花単に対して強くするために神の鞭を採用した構築で、富山で使うかは朝考えるとの事に。

結局富山ではマミヤだけが使いました。
僕はリセオープンの時と60枚同じ花単を持っていったのですが一瞬で2没。
はじめてシングル戦に出ましたね。


さて、東京フェスタですが富山フェスタが終わって分かった事は環境は月雪日の三強。
ロンゴミニアドを抜く事に躊躇いはありませんでした。

代わりに新しく採用したカードがタケノコリオンです。
これは富山でまめしばから勧められたカードなのですが、どうしても打点が足りないし、宙1コストを捌ける動きは基本的に茉子のオーダーチェンジか矢来の能力以外だと弱いキャラしかいないため、そこまでダブつきは変わらないでしょう。
メディアリリィはかなり積極的に出すカードなので、中盤にハンドに溜まっている時は宙EX1より強い可能性すらあります。

また、ムラサメセットもデッキから外しました。
このデッキのAFはDP3が多く、環境でAP止めをしてくるカラーである日はAP5~6のラインになります。+1したところで大した事にならないですし、せっかく上げたところで研ぎで返されるパターンも容易に想像できたため、デッキから抜きました。
DPが4のキャラは動けるという点もありますね。
一応置きSPとしての役割も宙単では大きいかと思いますが、そこは月の要素でカバー出来るとの判断です。

これらの調整を経て東京フェスタに持ち込んだデッキがこちら
https://lycee-tcg.com/festa/player.pl?tno=109&festano=58

前日のGP予選では1-3だったのですが、神姫の時の雪日も前日0-3した割には4-3できたのでそれくらいは勝てると思ってました。

結果としては4-3でそれなりに自己満足しています。
マッチ結果を見て分かると思いますが、このデッキが苦手なデッキは月単です。

まず神姫との出会いをメリジューヌ、異議ありで3ハンドカウンターをする事が可能ですし、通したとしても邪竜召喚からSPを足されるだけで苦しい形になります。
中央にSP2を足されると両サイドがAP6で殴ってくるため中央DFを先置きさせられるのも単純に苦しいです。
神姫との出会いさえ決めれば後はタケノコリオンの枚数勝負くらいには持ち込めるのですが、そこまでなかなか持ち込めない印象でした。
神姫との出会いを打たずに盤面で勝負するゲームができたのかもしれませんが、中型のビートダウンで酒呑童子がガン刺さりして不可能に感じていました。


また構築面では月EX2が14枚でタケノコリオンが撃てるという疑問を抱かれるかと思いますが、タケノコが撃てずに困った試合よりもタケノコさえあればという試合の方が多かったです。
初手に切ってなければ勝てた試合も数回ありましたし、タケノコを2回打って勝てた試合も2回ありました。試行回数が少ないのでただの上ブレの可能性も高いですけどね。

・このデッキの動かし方
基本的には神姫との出会いを早期に決める事を目指します。
AFを1体だけ立ててみほ、アレス、まこあたりのカードをコストに切ってゲームをしましょう。
早期に撃てるのであれば1発目の出会いは雑に撃っても良いことが多いです。
差し引き2ハンドでテンポを取りながら中型キャラが出るのは十分強力な事

一度出会いが綺麗に決まればこちらのAFが単体では止まりづらい都合上、しばらくこちらのAFが綺麗に通る形になり、相手にAF展開のアクションを強要しやすいためオーダーステップや2回目の出会いでテンポを取りやすくなります。
最終的には中央DFにメディアリリィを置いて左右はまこ、矢来、みほなどを使って少ないキャラで盤面を封殺する事を目指します。
そこで付いたハンド差を最後にイベントで還元する形で押し込むのが勝ちパターンです。

雪単相手だけは例外で、序盤まともに殴ってこないパターンがあるためそうなった場合はひたすらに翁をケアしてオーダーステップキャラだけで戦う事を目指しましょう。
このルートの場合は月のカードをハンドに貯めやすいため、序盤のクロック差をトントンで出来るだけ進行する事を意識しながらタケノコの受けを最大限強めて相手の詰めカードより先に詰めに行く事を狙います。


デッキとしては結局4-3で何も残さないクソデッキでしたが、神姫との出会いのカードパワーは本物だと感じました。
ぜひみなさんも使ってみてください

ヨーイチの東京フェスタレポ

ノリと勢いで始めてしまったこの記事
はいさいどうも、ヨーイチと申します。
いつもはしぐなりあの人と遊んでたり、秋葉原、新宿、川崎、横浜ら辺に出没してたりします。

新リセから始めて1年と3ヶ月、入賞したからって調子に乗ってこんなものを書き始めてしまいました。

しょーじきまだまだ中級者位の人間なので、まあ違う所が色々あるとは思いますが、存分に突っ込んで下さい…

という訳で結果をドン

20180627071144e1d.png


6位入賞です!やったぜ!ドンドンパフパフ!

長々と書いた所で誰も読まないと思うので、本題に行きましょう。

1.デッキ選択の理由
2.当日の簡易レポ

以上の2点を語っていきましょう。

1.デッキ選択の理由
言ってしまえば、私は日と雪と月しかカードを持ってないので、大体いつもこの3つの中で一番強そうな色を握ってます。
本来でしたらこの環境において、理論値で言えば最強である月を握るべきなんでしょう。今の環境は日と月と雪がメインですが、日に強く、雪と対等かそれ以上に戦えるので、弱い訳がありません。
ですが、2点の理由で採用を見送りました。

1点目はその難易度です。
墓地召喚が可能な月単は対応範囲がかなり広く、ネロは勿論ピン刺しで龍王、ゴモヨ、メリジェーヌ、ロンギヌス、ジェフティなどを入れる事で、ありとあらゆる場面に対応可能になりました。
…そう、可能なだけであって、ちょっと練習すれば出来る代物ではありませんでした。
選択肢が無限にあると言う事は、逆に言えば定石があまりないと言う事でもあります。
と言う訳で、中級者レベルである自分ではあまりに荷が重かった為採用を見送った理由の一つになりました。

2点目は、疲れるからです。
しぐなりあメンバーかつ、元々の友達であるづーやんとも良く話していましたが、分かりやすいなデッキである事は、それ自体が評価されるべきデッキであると言う風に考えてます。特に3回戦位で終わる店舗大会ならまだしも、7回戦あるフェスタでは極力プレミを減らす、というのが大切になってくると思います。そう言った意味で月単は長丁場にあまり適してないのでは、と判断しました。

勿論月単は酒呑を筆頭にかなり強いので、切るには惜しいとは思いましたが…

では、何故雪単なのかと言いますと、分かりやすいからです。
寧々おいて翁出せば良いんだよ!

…てのは冗談にして、兎に角強い相手キャラを除去してけばなんとかなる。そういうデッキです。
それに追加して、のぞみという小型キャラ対策、千莉という寧々とは別のコスト発生器、リースフィアッカという最強の誤魔化しカードを手に入れて、兎に角今までの寧々引ければ勝ち、引かなければ負け!みたいなデッキから格段に進化しました。そういう意味では、ぶん回れば最強のデッキかなと思いますし、下限もそこまで酷くはなくなったかなと思います。

ちなみに雪単は2つの型が今あると思います。
一つは千莉を中心とした、奇数コストを多数採用した型
もう一つは従来の雪単にリースフィアッカ等のオーガストのパワーカードを入れた型

私は最初は上の型を採用してました。
上の型の特徴は兎に角3コストキャラを重視する事。清姫ジャック荊軻は勿論、人によっては朝武とかも採用すると思います。

しかし最初の東京フェスタ、富山フェスタを経て、ボコにされた時に思いました。

…雪の3コストってロクなのいないな?

まあ流石に2ハンドキャラとして使えるならば強いキャラだとは思うカードばかりですが、どうも3コスキャラとしてみると3ハンドキャラの最低限の数値と言えるAP3、DP3を満たしてるのが清姫しかいません。

2ハンドキャラで一瞬で止まるこいつらを、千莉の為だけに使うのって、そんなに強いかなぁ?という結論です。
また、富山を雪で入賞したまめしば君から、荊軻は結局いくら千莉がいても1ターン除去が遅れるのが弱い、仮にギルドオーダーが事故って打てないとしても、結局それって荊軻と除去のタイミング一緒じゃんと言う話しを受けて、ギルドオーダーをメインとした従来型にて考え直しました。

2.簡易レポ
初戦 月単戦 ○
この日の山場その1です。
先攻寧々サタンスタートに対して、マシュアシュリー、その後酒呑も出されました。
途中で翁を置いて、かつこちらの攻撃は殆ど止められませんでしたが、おかわり酒呑のせいでトントン勝負に
最後はデッキ6枚の状態でタケノコを打たれてましたが、盤面にいたフィアッカで1点回復しつつ、相手の攻撃を封殺し、なんとか勝ちました。

2戦目
雪単(わさびさん) ×
この日2位だったわさびさんと対戦。
こちらの先攻寧々単騎エンドに対して、寧々千莉翁でこちらの寧々を除去という返しをされました。
キャラが湧いても除去され、ギルドオーダーが腐り続けて結果としてはボロ負けでした。
4体キャラを並ばせない立ち回りはお見事でした…

3戦目
花単 ○
本日の山場その2
寧々も翁も何も引けず、先攻ミョルニル単騎エンドで終わらせるはめに
ただ相手もそこまでAFキャラが並べられず、ニトクリスやラディスで上手くとめつつ、6体で睨み合いになりました。
途中で打点は入らないものの、アストルフォでハンドを使わないと突破される盤面になり、多少相手の打点は先行したとはいえ、ハンド差を3枚以上つけ、後はトップで引いたギルドオーダーを叩きつける勝負にしました。
最後は稼いだハンド差のお陰で相手がキャラが湧かず、こっちだけ殴り手裏剣連打で勝ちでした。

4戦目
月単 ○
正直あんまり覚えてないです(
ただとりあえず後攻で、酒呑出されずに勝った試合…だった筈
対戦された方、恐らくこんな記事見てないとは思いますが申し訳ありません…

5戦目
花単 ○
正直のぞみを手に入れた今、昔は不利と言われたマッチングもトップドロー2ハンドダメ3連打!とかされなければそこまで辛くなくなった組み合わせかもしれませんね。
2ハンドキャラとケツァルをAFに出されたものの、速攻で千莉のぞみで止め、6-5交換で有利に進めつつ途中で引いたフィアッカで打点を止めたりし、3/0の対面にリース出して相打ちしたりしながら進めてる内に投了されました。

6戦目
宙単 ○
最終盤面をみたら多くの方が普通に勝ったね、って言うような形にはなりましたが、実はかなりの山場でした。
というのも、そもそも今まで最高成績が4勝3敗だった私にとって、ここまで勝ち上がった時点で未知の領域、頭真っ白とまで行かなくても、結構緊張してました。
展開自体は相手の槍トリアスタートに対して左右に寧々とミョルニル、返しにミョルニル対面西住殿とレオニダス出されてエンド、こちらも翁槍トリヤ除去からのレオニダス対面設置とまあ雪としてはかなりの好スタート。

ですが、その後こちらは本当にロクなAFキャラが引かない、手札のギルドオーダーが打てない、という状況に。
その間西住殿にひたすら2点パンチを喰らい続けてました。
脳内ではやべえよ…やべえよ…と思いつつ、ハンドアドはこちらの圧勝なんだ…ってなんとか精神を保ち、なんとか引いたのがポリン。
迷わずafに出し、ようやくギルドオーダーで西住殿を除去しました。
そこから矢来を出されるも、ポリン相手に止めに行っても無駄と判断され、ポリンと追加で出したサタンで殴り続け、最終的にはおかわり翁で完全に相手の盤面が崩壊、勝ちました。
正直展開的には序盤のまともに出せるキャラがいない状況以外はほぼ雪側が有利に進めてはいたものの、兎に角メンタルにくる試合でした。

7戦目
月タッチ日 ○ (ヘルウィンドさん)
最初に言います。この試合は相手が事故ったから勝ちました。
相手はフェスタ優勝経験あり、去年のファイナリストでもあるヘルウィンドさん。
ブログも読まさせて頂いてますが、かなりの理論派で、正直リセ始めて1年ちょいの自分とは知識も経験値も違う猛者。

マシュアシュリーの返しに寧々翁という完璧なスタート
そこから後に聞きましたが、アシュリーしか引かなかったそうな状況だったみたいです。

延々と手札を抱えている状況をみて、最初は私も「あれは絶対お姫様だ…どうしよう…」とかいっちょ前に悩んでましたけど、最後の方は「裏目なんか知るか!えーいみんな突っ込め!」
みたいになっていました。

…ヘルウィンドさん、こんな文章読んでないと思いますが、もし読まれてたら本当にすみません…

結果としては20枚近くの差をつけて勝利。
まあ、そんだけ事故ってたら誰が対面にいてもそうなるよ…って感じでした。

結果としては6-1。
新リセから始めて、まさ東京フェスタという大舞台で勝てるとは思っていませんでした。

追記としてカード解説も少しだけ。
みんなが強いと分かりきってるカードは除きます。

・サタン
AP4というのは今の雪でかなり貴重だと思います。しかも効果のお陰で完全に腐る事はない、自壊可能裁定が出たので終盤に便利と、4投しても良いと思います。

・ポリン
最初は馬鹿にしてましたが、手裏剣ポリン両方採用でかなり詰め能力は上がりますし、sp2ダメ2は全然盤面に出しても良いと思えます。

・おりょう
適当にチャンプしても良いですし、対日単や対花単のDP0勢の前に置くとかなり強さを発揮するカードです。正直月でも入れて良いんじゃないかと思う位便利でした。流石にアンデルセンのが優先かもしれませんが。

最後に、ここまで勝ち進めたのは色々な人に私を紹介してくれたづーやん、初心者の頃から練習に付き合ってくれたしぐなりあのみんな、いつも私をボコボコにしつつ、指導をしてくれた川崎の皆様、その他大会で戦った全ての方達のお陰だと思っております。本当にありがとうございます。
今回ははっきりいって運が良かった部分はかなりあるとは思います。ですので、今度は胸を張って入賞をしたんだ!って言えるように努力していきたいと思います。引き続きよろしくお願いします。m(_ _)m

もし私を知らない方がいらっしゃいましたら是非ともお声かけ下さい。

それでは、気が向いたら次の記事でまた会いましょう!

またの!

富山フェスタレポート

お疲れ様です。

富山フェスタに行ってきたので今更ですがレポ書きます

ただしもう記事書くの正直めんどうくさいので手抜き作業です

続きを読む

リセオープン

本当に今更ですがリセオープンのチーム戦に出てきました。
今回はデッキ選択の経緯を中心に書こうと思います。

続きを読む

プロフィール

しぐなりあファミリー

Author:しぐなりあファミリー
しぐなりあ それは夢の跡地
ニコニコ動画のコミュニティはこちら
しぐなりあのTwitterアカウントはこちら

カテゴリ
Lycee (8)
MTG (1)
Lycee (2)
しぐなりあカウンター
最新コメント
最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。